第4回おさんぽマナーパックウォーク

11/14(日)拠点でもある市川市北国分にある小塚山どうめき谷津公園に集合し、小塚山公園・堀之内緑地・堀内貝塚をまわる約1時間のパックウォークを開催しました。

会員8名・新規会員1名・主催者2名・犬10頭のパック。
歩き慣れた場所もみんなで歩くと楽しさ倍増。

公園も遊びに来ている方達で賑わっていました。
その中を小規模パックとはいえ犬が10頭並んで歩いていると目を引きます。

飼い主によってしっかりコントロールされている犬は周りに脅威を与えません。お子さん連れのご家族に話しかけられることが多かったのはとても嬉しいことでした。

10月に入ってから、おさんぽマナーパックウォークを開催し、会員を募り街をキレイにしながら歩いていますが、今回で4回目。
残念ながら放置うんちが最も多いのは拠点のここ、市川市。

前回も6個見つけ、今回も6個見つけました。
わざわざ探しながら歩いているわけではなく・・・自然に目に入ったり、その匂いを犬たちが嗅ぐことで見つけて片付けています。

このパックウォークは放置うんちを拾い歩くことが目的ではないです。

パックウォークは犬の社会化形成のために行っています。その中でとても大切なことを参加者様にお伝えしています。

それは、社会化形成には経験値を積むこととなりますが、飼い主の心の在り方が愛犬の行動に影響しているということです。

ルールを守る人を犬はリスペクトします。人社会のルールがどんなものかを犬がわかっているわけではありません。ですが、自分の飼い主がルールを守る人なのか、裏表のある行動をする人(誰かが見ているとする)なのか、見てみぬふりをする人なのか、犬は見分けます。放置うんちを匂いで見つけるのと一緒です。

犬からリスペクトされる行動を取れる飼い主であってください。
そして、その上で社会化経験を積ませていってあげたいと思います。

パックウォークの参加の条件は犬の状態ではありません。
他犬とガウガウしてしまう犬でも、怖がりな犬でも、手術がどうとかワクチン打ってないからとか全く関係ありません。
飼い主がマナーを守る意思があるかどうか、がパックウォークの参加条件となっております。

マナーは守るけど、愛犬の行動で悩んでいる飼い主さん、ぜひ気軽にパックウォークにご参加くださいね!

今回は市川の職員の方も見学に来てくださいました。足を運んでいただきありがとうございました!
写真を撮ってくださったそうですが、どこかに載せてくれたりするかな?笑

拠点である市川をどこの街よりもキレイでマナーのいい街にしたいと思っています。ご協力お願いします!

コンクリートのところにはチョークで丸をつけ見つけた日時を書いておくことにしております。放置うんちは片付けますが、このチョークを見てマナーのいい飼い主さんたちは、誰かが放置うんちを拾っているということを知り、気をつけてみてくれるようになります。片付けてあげたら余計に放置うんちをして歩くと思う方もいますが、逆だと思うんです。世の中には良い行いにつけ込む人も確かにいます。ですがほとんどの人は自分も気をつけよう、良い行いをするようにしようと考えると思うのです。この輪を広げていこうと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です